飲酒事故を起こしてクビに怯える男 内縁の妻に放ったまさかの言葉に衝撃

飲酒事故を起こした国家公務員。仕事をクビになりたくないあまり、内縁の妻を巻き込んで嘘をついてしまう。

社会

2018/12/21 19:40

飲酒運転
(dehooks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

11月11日、伊丹空港に勤務する男性航空管制官(55)が酒気帯び運転で物損事故を起こしていたことが判明。

事件を隠そうとして、内縁の妻(37)に対して依頼したとされるその内容に、ネット上では非難の声が上がっている。



 

■内縁の妻を「身代わり」に

報道によると同日夜、男は枚方市内の国道170号で酒に酔った状態で車を運転し、歩道の柵に衝突。実家で缶ビールを飲んだ後、家に帰る途中の出来事だった。

その直後、男は携帯電話で内縁の妻を呼び出し、身代わりになることを依頼。現場にやってきた警察官に対し、「運転は妻がした」などと説明したという。


関連記事:中島美嘉(35)の近影に騒然 「鈴木紗理奈かと…」「何飲んでるの?」

 

■警察官が問いただすと…

その後、警察官に遅れる形で女性が到着。話を聞いているなかで不審に思った警察官が問いただすと「私ではない」と認めたという。

航空管制官は、国土交通省の国家公務員。空港の管制塔などで航空事故が起きないよう交通整理したり、離着陸時の許可や誘導をしたりする仕事だ。

次ページ
■非難の声相次ぐ