光浦靖子の拗れすぎた恋愛観に共感の声が殺到 「街なかで相撲をとりたい」

『人生最高レストラン』でオアシズ・光浦靖子が理想のクリスマスデートを熱弁した…

光浦靖子

ゲストの「人生で最高に美味しかった一品」をエピソードと共に紹介する人気番組『人生最高レストラン』(TBS系)。

22日深夜放送回は「理想のクリスマスデート」を特集。ゲストのオアシズ・光浦靖子(47)が妄想デートを熱く語り、共感する視聴者が殺到している。


 

■光浦の妄想デート

光浦の理想の男性は「身体が大きくて強い、オッパイが垂れてない腹が出てる人」。再現ドラマでは元格闘家の桜井マッハ速人が男性役を務め、光浦がプライベートで訪れる沖縄・石垣島でのデートプランを明かしていく。

ウミヘビから身を守ってくれる彼の頼もしさも感じられるクリスマスダイビングを堪能。買い物や散歩など石垣島をのんびりと過ごす、そんな2人の時間を大切にするのが光浦の理想だった。


関連記事:天むすは愛知県のソウルフードだった 大久保佳代子「おにぎりじゃなくてご馳走」

 

■相撲をしたい理由

雨宿り中、彼から「やるか」と声を掛けられる。「ここで?」と照れながら光浦と彼が街中ではじめたのは「相撲」だった。

VTRを観ていたスタジオで「相撲がやりたいの?」と驚きの声が響くと光浦は「相撲がやりたい」と即答。男性の強さとノリの良さがわかるとその理由を解説、「ケガしないギリギリでぶん投げてくれるノリの良さにキュンとする」と独特の恋愛観を熱弁する。

これに周囲は納得できない様子。話を聞いていたピエール瀧(51)は「『めちゃイケ』をやりすぎですよ」と苦笑した。

次ページ
■靖子のスタンス

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ