「媚びている」や「嘘くさい」と言われても… 愛想笑いの便利な活用法とは

処世術として使われがちな「愛想笑い」。愛想よく笑っておくことで人間関係がうまくいきやすくなるが、面倒に巻き込まれることも…。

人間関係

2018/12/24 15:30

愛想笑い
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「愛想笑い」という言葉は、まずいい意味では使われない。相手に合わせてヘラヘラ笑うのは、相手にも失礼であり、自分も疲れるからだ。


 

■半数以上が「愛想笑いは便利」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「人への対応について」の調査を実施。

愛想笑いは便利グラフ

「愛想笑いはとても便利なものだと思うと答えた人は全体で54.3%と、半数を超える高い割合になった。多くの人が、愛想笑いを活用しているのだ。


 

■女性は愛想笑いの達人

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

愛想笑いは便利性年代別グラフ

女性は愛想笑いで、さまざまな危機を乗り越えてきたのだろう。

「ムッとしてとっつきにくいって思われても、なにも得することはない。それならたとえ愛想笑いでもしておいて、『絡みやすい』と思われたほうが楽な気がする」(20代・女性)

次ページ
■話が聞き取りにくいときに…

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ