2018生放送中の衝撃ハプニング5選 「怖すぎる台風中継」「局アナがまさかの…」

2018年は、怖すぎるものから、ほっこりするものまで、様々な生放送中のトラブルが。今後の在り方を

エンタメ

2018/12/29 16:00

2018年も、生放送中に起こった様々なアクシデントがインターネット上で話題となった。

同年しらべぇが報じた「生放送中のハプニング」のうち、閲覧数やSNS上でとくに反響が大きかった記事を5つご紹介していきたい。

 

■『スッキリ』安村アナの爆笑止まらず…

加藤浩次
(©ニュースサイトしらべぇ)

9月20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、ディズニー映画『プーと大人になった僕』で主演を務めている、ユアン・マクレガーへのインタビュー映像を交えながら映画の見所を紹介。

しかし、加藤浩次が「プーさんのものまね」をしてしまったことで、コーナーの進行を務めていた安村直樹アナの爆笑が止まらず、貴重なインタビュー映像にまで影響。

視聴者からは「失礼」との批判の声もあったが、笑いが止まらなくなってしまったことへの同情の声も多く寄せられた。

→記事はこちら

 

■『報道ステーション』台風中継に女性が乱入

テレビカメラ
(RGtimeline/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

8月8日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)では、関東地方に台風13号が接近していることを受けて、JR新宿駅前から中継。すると、ピンクの帽子をかぶった女性が執拗に画面に映り込み、スタッフの制止も聞かずカメラアングルが切り替わっても、女性は無表情のままカメラへの映り込み行為を続けた。

カメラマンと女性の激しい攻防が繰り広げられた末、最終的にカメラが上を向いて中継が終了するという前代未聞の事態に。インターネット上では「怖すぎる」「気持ち悪い」といった声が相次いだ。

→記事はこちら

次ページ
■『グッディ』ミタパンの台風中継に抗議殺到

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ