河野景子、元貴乃花親方とは「戦友のような関係」 暴行騒動・引退・離婚を語る

『バイキング・ザ・ゴールデン』で元貴乃花と離婚した河野景子が真相を語った…

エンタメ

2018/12/29 11:00

花田優一、河野景子
(画像は花田優一Instagramのスクリーンショット)

2018年は相撲界にとって激動の年だった。横綱・日馬富士の暴行事件から端を発した騒動の主役でもある元貴乃花は、相撲協会と対立し引退、さらには河野景子さんと離婚するなど、最も世間を騒がせた人物と言えよう。

28日放送『バイキング・ザ・ゴールデン』(フジテレビ系)では、元貴乃花と離婚した河野さんが登場。妻の立場から見た騒動、離婚について初告白した。



 

■妻から見た「暴行事件」

結婚生活、女将としての苦労などを語る中、所属力士であった貴ノ岩が日馬富士から受けた暴行事件の話題に。

相撲によるケガではない、横綱による暴行で傷ついた貴ノ岩の姿を見た河野さんは「涙が止まらなかった」と振り返る。さらに「私より親方はもっと(辛い)」と元貴乃花の心境を汲み取りながら、その後の相撲協会との確執に触れた。

「彼は決して自分のためではなく、今後の、今の力士のためにどうしなければいけないのか、貴ノ岩の事件を通して戦っていた。何ら間違っていないと思った」と見守ることを決意したと明かす。


関連記事:指原莉乃、美人サンタ姿がヤバすぎる 「目が怖い」「顔が変わった」と衝撃

 

■引退について

元貴乃花を「孤高を貫く人」と称えながら、「頑なでブレない強さが表に出てしまった」ことが、協会との確執、引退にまでつながったのではないかと、言葉を選びながら語る河野さん。

「弟子たちがバラバラになるのを避けるため引退を決断した」元貴乃花に対して、河野さんは引退時の記者会見を振り返りながら、「しっかりと自分の言葉で伝えようと…、最後まで丁寧な人だな」と笑顔で感想を述べた。

次ページ
■離婚理由は?

この記事の画像(1枚)