正月に急増するお笑い番組 「正月くらい笑いたい」「やかましい」意見は真っ二つに

正月に増加する「お笑い番組」。実際のところどう思われているのか?

エンタメ

2019/01/01 07:30

(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

正月のテレビは、各局お笑い番組中心の構成。芸人たちがここぞとばかりに出演し、その芸を披露する。

賑やかで楽しい反面、「正月は落ち着いた番組を放送してほしい」と考えている人もいるという。実際のところ正月のお笑い番組はどう思われているのだろうか?


 

■正月のお笑い番組は好き?

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,593名に正月のお笑い番組について調査を実施。

結果、「大好き」と「好き」を合わせた好意的な人の割合は49.8%。そして否定的な考えを持つ人は、50.2%。意識が真っ二つに割れたが、微差で「好きではない」人が上回った。


関連記事:「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方

 

■年代別で意識に差

年代別に見ると、意識に差が出ている。

40代までは「好き派」が半数を上回るが、50代以降は「好きではない」人が多数。シニア世代ほど、「落ち着いた番組」を求めているようだ。

次ページ
■好きな人の意見は?

この記事の画像(3枚)