おしゃれな女子よりも魅力的? 男性が好きな「ちょうどいい感じのダサさ」とは

ダサい異性に魅力を感じると答えた人は少ないが、あまりにおしゃれな人を好まない人もいるようだ。

男女

2019/01/05 21:00

 

■浮気性の人がダサい異性を狙う理由

浮気性の人はそうでない人よりも、11.9ポイント高い結果になっている。

ダサいくらいの異性に魅力を感じる傾向別グラフ

だらしない見た目の人のほうが、誘いに乗りやすいとの声も。

「風俗のスカウトって、染めた髪が伸びてプリンになっていたりジャージで歩いてたりする子に声をかけるらしい。だらしない見た目の子のほうが、話に乗ってくれるからだそう。昔、よくナンパしていたときも、ついてくる子は同じような傾向だった気がする」(40代・男性)


 

■ちょうどいいダサさ

スーツをオーダーする先輩よりも、「ドン・キホーテ」で買った靴を大事に履く後輩に魅力を感じる女性も。

「男性はみんな、大型量販店でスーツを購入していると思っていた無知な私。先輩はちゃんとオーダーしていると聞いて、びっくりしました。


でも『会社で使うものに、お金かけるのがもったいなくて…。この靴なんて、ドンキで買ったんですよ!』なんて言っている後輩のほうが、なんかかわいく思えますね」(20代・女性)


ちょうどいい感じのダサさの女性に、男性は弱いようだ。

「『ちょうどいいブス』って失礼な言葉があるけれど、それと同じように『ちょうどいいダサさ』ってのがある。


おしゃれでは絶対ないけれど、ダサい中ではいい感じの子。流行を追えずに地味な定番アイテムを着て、アクセサリー類もつけない。そんな女の子に弱い男性も、かなりいるんじゃないかな?」(20代・男性)


「ちょうどいいダサさ」は褒めているのかもしれないが、言われてもうれしくないだろう。

・合わせて読みたい→周りから「服がダサい」言われたことがある人の意外な傾向

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ