香川県に初めて行った東京都民ドン引き 「さぬきうどんはほぼ麻薬」ということに気づく

衝撃的ウマさ…本場・香川県のさぬきうどんの美味しさはやみつき必至

グルメ地域

2019/01/05 19:00

さぬきうどんの本場といえば、四国の北側中心部に位置する香川県。香川県以外でも丸亀製麺やはなまるうどんなどの全国チェーンがさぬきうどんを提供しているので、ほとんどの人がきっと食べたことがあるだろう。

記者(私)はチェーン店のものしか食べたことがなく、本場でさぬきうどんを食べる機会もなかったのだが、先日香川県へ旅行へ行ったときに、初めて本場のさぬきうどんを食べることができた。


 

■SAのうどんがウマすぎる

香川県で初めて食べたさぬきうどんは、津田の松原サービスエリア内にあるセルフうどん店『あなぶき家』。どうせ本場といってもチェーン店に毛が生えたぐらいのウマさだろうと思い、タカをくくっていると…

な、なんやこの絶妙なテクスチャーのうどんは! コシがありつつも柔らかさも十分、ぶっかけうどんのつゆの風味もセルフサービスの域をはるかに超えているではないか!


関連記事:山形名物「ひっぱりうどん」がカップ麺に クオリティの高さに山形人も納得

 

■神社のうどんもウマすぎる

サービスエリアのうどんがウマすぎた感動の余韻に浸りつつ、次に向かったのが高松市にある田村神社で、日曜のみふるわまわれる150円のうどん。専門店のものではないし、150円の安いうどんだったので期待していなかったが…

はい、ウマすぎました。麺の美味しさもさることながら、つゆに使われているおだしがとにかく素晴らしい。動物性の旨味だけでなく植物性の旨味もしっかり感じられ、500円以上してもおかしくない本格派のうどんだったのだ。

次ページ
■ホテルのバイキングうどんもウマすぎる

この記事の画像(19枚)