「これでお前も一人前」  12歳の息子に銃を持たせ殺人の手助けさせた父親が逮捕

近隣住民とトラブルになった父親が12歳の息子に銃を持たせ、発砲。被害者を死に至らしめたと見られている。

社会

2019/01/05 15:30

銃
(innovatedcaptures/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

米国コロラド州ウォルセンバーグで、エイミー・ガルシアさん(41歳)が射殺され車ごと火をつけられる事件が起きた。第1級殺人罪に問われているのは、ヒース・グリーソン容疑者(35歳)とその息子(12歳)である。

事件発生前、エイミーさんとグリーソン容疑者が言い争っている姿を近隣住民が目撃。グリーソンは、たびたびエイミーさんの自宅にお酒をせびりに行っていたという。


 

■銃を使うことが「一人前」?

法廷での証人による証言を追うと、グリーソン容疑者の異常な行動が浮かび上がってくる。

「『あいつを殺してやる!』と叫びながらグリーソンが出ていった後、一発の銃声が聞こえました。でも家の中に戻ってきたグリーソンは、『エイミーを殺していない』と言ったのです。そして今度は22口径キャリバー銃を持ち、息子を連れて出ていきました」


何発もの銃声が響いた後、グリーソン容疑者は再び家の中に戻り、証人に対して「これで息子も一人前の男になった」と告げたという。グリーソンは息子に銃を持たせ、エイミーさんを射殺させたと見られている。


 

■逃走を試みるも位置情報で逮捕

通報を受けた警察官がグリーソン容疑者の自宅に駆け付けた時には2人はすでに逃走していたが、その後、携帯の位置情報を使ってサンタ・フェにあるファーストフード店にいるところを発見され逮捕された。

被害者のエイミーさんの遺体は、複数の銃弾が撃ち込まれ火をつけられた車の中で見つかった。

次ページ
■被害者は地域で愛されていた

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ