ギター侍・波田陽区の現在がヤバい 2016年に家族で福岡に移住し人生激変

『訳あって…東京に住むのヤメました』で福岡に移住したギター侍こと波田陽区が登場!

エンタメ

2019/01/06 05:00

波田陽区
(画像は波田陽区公式Twitterのスクリーンショット)

「〇〇斬り…残念!」のフレーズで、世の中を斬るギター侍として一世を風靡した芸人・波田陽区。その後はメディアへの露出が激減し「一発屋芸人」と呼ばれた彼が、5日放送『訳あって…東京に住むのヤメました』(日本テレビ系)に登場し、驚きの現状を明かした。


 

■福岡に移住

波田は2016年に妻子と福岡に移住した。現在は福岡を中心にテレビのレギュラー番組を3本、ラジオが5本。地元山口県では『波田陽区のひるくる! サタデー』という冠番組を持つほどの売れっ子芸人になっていた。

その人気は本物。福岡の街を歩けばひっきりなしに写真や握手を求められ、「こんなに声援を受けるなんて考えられなかった。泣いていいですか?」とにやける。


関連記事:博多華丸、ピース又吉と初サシ飲みで暴露連発 大吉は「又吉は天才、綾部はあんまり」と評価

 

■移住した理由は?

東京に住んでいた時は、仕事だと家族に嘘をついて街をぶらつく日も多かったと振り返る波田。福岡に移住した理由は「オヤジとして立派に堂々と生きたい」から。今は「ウソ無し」に仕事に励んでいると笑う。

人気を得、収入も増えた波田は「一生福岡にいたい」と本音を吐露。9歳の息子も「自然が多くて楽しい。東京より福岡が好き」と福岡愛をのぞかせた。

次ページ
■視聴者の反応は…

この記事の画像(1枚)