とろサーモン久保田、若手女優・岡崎紗絵への強要でまたも炎上 「荒れまくっとるだろうな」

『逃走中 ハンターと進撃の恐竜』でとろサーモン・久保田かずのぶがまたも炎上した…

エンタメ

2019/01/06 14:00

久保田かずのぶ

制限時間、エリアを巡回するハンターから逃げ切れば賞金を獲得できるゲームバラエティ番組『逃走中 ハンターと進撃の恐竜』(フジテレビ系)が5日放送。

以前の『逃走中』で人気YouTuber・ヒカキンを身代わりにしようとして炎上したとろサーモン・久保田かずのぶはこの日も暴走。再び炎上騒ぎを起こしている。



 

■逃走中のルール

今回は2匹の恐竜が徘徊する大学のキャンパスが舞台。3体のハンターに捕まらなければ、1秒100円の賞金が発生、100分間逃げ切れば60万円獲得。ゲーム中は、賞金アップやハンターの追加阻止などを目的としたさまざまなミッションが発生する。

ミッションは参加自由ながら、ハンターから逃げながらのクリアは困難。しかし、逃走者にとって不利になるものが多いため、自分や他者のために参加するかを注目されがちだ。

1つ目のミッション「3機のドローンを停止せよ」では、クリアに必要な認証装置前に久保田が偶然到着。ミッションクリアに一役買った。


関連記事:和田アキ子、暴言の久保田と武智に「更年期障害は失礼」と激怒 「線引きできてない」と苦言も

 

■若手女優に強要

昨今、炎上芸人として認知されている久保田だが、この日は違うかと思われた。しかし次のミッションでいつもの「クズ」ぶりが炸裂する。

初出演となる若手女優・岡崎紗絵を見つけ、「先輩の言うことは聞いとけ。ついてこい」と同行を強要。賞金アップのチャンスとなるミッションにそのまま突入した。

3つのレバーが存在し、1つ上げるごとに残り50分からの「1秒間の賞金が100円アップ」する代わりに「ハンターが1人増える」というミッション。最大1秒400円で賞金150万円を狙うか、ハンター増加を阻止するか、逃走者同士の心理戦が繰り広げられる。

次ページ
■岡崎を利用