ピアスを開けているのはどんな人? 職業別の割合も「男女でまったく異なる傾向」が判明

芸能界やスポーツ選手などでは、男性でも開けている人がいるピアス。実際、男女それぞれでどのような人が開けているのだろうか。

ピアス
(bbossom/iStock/Getty Images Plus)

主には耳に、人によっては、鼻や舌、唇や眉などにも開ける人がいるピアスの穴。女性の場合はとくにイヤリングよりも楽なので、重宝している人もいるだろう。もちろん、男性の中にもファッションのひとつとして開けている人がいる。

実際、どれくらいの割合でピアスを開けているのだろうか。


 

■全体では2割だが…

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,363名を対象に実施した調査では、「ピアスを開けている」と回答したのは全体の19.3%。

ピアス

ところが、男性ではわずか6.5%なのに対して、女性は32.1%と、女性では3人に1人が開けているほど普及していることがわかる。「男のピアス」は、まだまだ珍しい存在のようだ。


関連記事:米津玄師、紅白初出場に反響も… 「NHK酷すぎる」「容赦ないな」の声が出るワケ

 

■女性では30代が目立つ

さらに、男女・年代別でくわしく見てみると…

ピアス

男性は、20代の10.6%を筆頭に、年代が上がるほどピアス率が下がっていく。60代ではわずか2.3%だ。

一方、女性でもっとも割合が高いのは、30代で40.7%。意外にも20代が25.2%とかなり低く、女性においては20代と60代のピアス率がほぼ等しいという結果となった。


■男女で異なる「職業別ピアス率」

では、仕事柄によって、ピアスを開けている・いないの差はあるのだろうか。お固い職業の場合は少なくなりそうにも思えるが、今回の調査結果を一部抜粋して見てみよう。

ピアス

男性で、もっともピアス率が高かったのは学生で14.3%。アルバイトが8.2%で続き、公務員は男性の平均値(6.5%)を下回った。

一方、女性でもっとも高かったのは会社員で36.0%。また、男性同様に公務員は16.7%と低く、さらにアルバイトの人は12.5%とかなり少ないことも判明した。

・合わせて読みたい→『紅白』松田聖子(56)の現在に衝撃 「マジか…」「おでこが…」と騒然

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ