長嶋一茂、テレビ番組の下ネタについて熱弁 「エロがなくなったら終わり」

『ボクらの時代』に長嶋一茂、高田純次、羽鳥慎一が出演。現在のテレビの規制などについて議論した。

オトナ

2019/01/07 18:00

長嶋一茂

6日放送のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、タレントの長嶋一茂が出演。現在のテレビ番組の規制が厳しいことについて、独自の理論を展開し、インターネット上で話題になっている。


 

■高田純次がテレビでお尻を出す理由

番組では、高田純次に憧れる長嶋と羽鳥慎一がそのすごさを熱弁。羽鳥が「この年齢でお尻を出せるのがすごい」とたたえると、高田は「どうしてお尻を出すと思いますか?」と二人に質問。

長嶋は「高田さんがお尻を出すとやっぱり面白い。視聴者は確実に笑う」と回答すると、高田は「僕自身は、本当は前を出したいんです」と笑いを誘った。

さらに「今はもう後ろもダメですよ」と、テレビ業界の規制についての話題に。羽鳥は「どう思ってるんですか?」と高田に問いかけた。


関連記事:米津玄師、紅白初出場に反響も… 「NHK酷すぎる」「容赦ないな」の声が出るワケ

 

■長嶋「エロがなくなったら終わり」

高田は「どの辺までやっていいのかわからなくなってきた」と神妙な面持ちを見せる。1回の収録で、何度かは下ネタを入れることにしているが、カットされることが多くなっているのだという。

長嶋もこれに同意。「僕もね、深夜の番組では下ネタを絶対に入れるようにしてるんですよ。入れるんですけど、ほとんどカットされるんですよ」と嘆く。そして、「はっきり言う。エロがなくなったら終わりだからね」と怒りを露わにした。

次ページ
■エロを熱弁する高田と長嶋に納得の声

あなたにオススメ