孫のためにフィギュア盗み店長をひき逃げした男 その「歪んだ愛」に怒号相次ぐ

神戸市中央区のコンビニエンスストアで景品のフィギュアを盗み、店長を車でひいた男が逮捕された。

社会

2019/01/08 10:30

交通事故
(Berezko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一人の男の孫を思う気持ちが暴走し、とんでもない事件が神戸市内で発生した。ネットからはその「歪んだ愛」に、怒りの声が相次いでいる。



 

■「孫のために盗んだ」

5日午後、同市中央区内のコンビニエンスストアを訪れた会社員の男(48)。男はくじ景品のフィギュアが入った箱を盗んだうえ、被害に気付いた男性店長(36)の声掛けを無視して車を発進させ、はねてそのまま逃げたという。

店長は、右足ねんざなど全治2週間のけがを負ったそうだ。盗まれたフィギュアはくじの1等の景品で、男は「孫のために盗んだ」などと供述しているとのことだ。


関連記事:「軽トラドリフト」で31歳男が書類送検 その目的に「幼稚すぎる」「子供が心配」

 

■「考え方が幼稚」と怒号

景品を盗んだうえに、店長を車ではねるという暴挙に出たこの男に、ネットからは「異常」「考え方が幼稚」と怒りの声が相次いだ。

・孫のためを思って景品を盗むということもおかしいんだけど、その後に店長をはねるとか、もともと異常性があったとしか思えない


・何でこういう浅はかな行動に出るかなー。考え方が少し幼稚すぎる


・孫の人生にダメージを与える行為だと思わなかったのだろうか。後ろ指さされるようになると思いますが、後の祭りですね

次ページ
■「孫の心の傷になるのでは」

この記事の画像(1枚)