吉田沙保里、現役引退を表明 感謝と労い「霊長類で1番幸せになって」の声も

レスリングの吉田沙保里が、33年間の選手生活に区切りをつけ、現役引退を表明。感謝と労いの声が相次いでいる

吉田沙保里選手
(画像は吉田沙保里公式Instagramのスクリーンショット)

女子レスリングでオリンピックを含めた世界大会で16連覇を達成、その功績から国民栄誉賞を受賞し、「霊長類最強」との異名を持つ吉田沙保里(36)が8日、現役を引退することを表明した。

突然の引退表明に、インターネット上では労いと感謝の声が寄せられている。

 

■33年間の選手生活に区切り

吉田は8日に自身のSNSを更新。「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます」と切り出し、「33年間のレスリング生活に区切りをつけることを決断いたしました」と、現役を引退することを表明した。

「ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」と、世界大会での金メダルの写真を添えて、感謝の気持ちを記している。

 

■公の場での引退報告は後日

吉田は同日中に続けてツイッターを更新。公の場での引退報告やコメントは後日改めて行われるという。

次ページ
■「感動をありがとう」「お疲れ様でした」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ