夫が車のエンジンをかけると突然走り出し… 「予期せぬ妻の死」に騒然

三重県津市内で外からエンジンをかけた軽トラックが無人のまま発進し、前方にいる女性をひく事故が発生。

社会

2019/01/10 12:00

交通事故
(roibu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

無人の車が走り出し、目の前にいた人が死亡。そんな痛ましい事故が、三重県内で発生した。事件の全貌を受け、ネットからは「いたたまれない」と悲痛の声が相次いでいる。


 

■前にいた妻が下敷きに

同県津市榊原町で9日午前8時ごろ、悪夢は起きた。男性(69)が自宅敷地内に停めてあった軽トラックの車内を暖めようと、運転席のドアを開けた状態で車外からエンジンをかけると、突然車が動き始めたという。

車だけがそのままおよそ10メートル前進し、不運なことに、前にいた男性の妻(64)が下敷きとなったそうだ。胸などを強く打っていて、およそ4時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。

軽トラックはマニュアル車で、男性はエンジンをかけ、クラッチペダルを放したが、ギアが入っていたためそのまま前進してしまった可能性があるとのことだ。


 

■ 「いたたまれない」と悲痛の声

思ってもみない突然の妻の死、それもエンジンをかけたのが夫、という痛ましい展開に、ネットからは「最悪な展開」「いたたまれない」と悲痛の声が相次いでいる。

・こんな最期ありなのか。事故直後、夫はどんな気持ちだったんだろうか。つらすぎる


・長年連れ添った夫婦がこんな形でお別れなんて、いたたまれない


・自分が殺した、と自らを責めるようなことだけはしないでほしい


・ここまで最悪な展開に繋がるなんて思ってもみなかっただろうね。これは悔やんでも悔やみきれない

次ページ
■「同じことをしたことある」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ