吉田沙保里さん引退会見 次の夢は「女性の幸せも絶対つかみたい」「江頭2:50に感謝」

「霊長類最強女子」との異名を持ち、国民栄誉賞も受賞した女子レスリングの吉田沙保里選手が引退会見。そこで語った「江頭2:50への感謝」とは。

スポーツ

2019/01/11 06:30

 

■伊調馨選手は素晴らしい選手

——天皇杯で伊調馨選手が優勝して東京五輪のことを口にした。あの時、心は動かなかった?

「私は昔から、『自分は自分、人は人』というふうに教えられてきたので、本当に自分自身はやり尽くしたと。もうやりきったという思いのほうが強かったので心は動かなかったですけど。


伊調馨選手は本当に素晴らしい選手で、ここまでずっと仲間として頑張ってきたので、『東京五輪を目指す』と馨の口から聞いた時に、率直にすごいなって感じました」


 

■亡き父、次の夢、東京五輪の関わり

吉田沙保里

——お父さんにはどう(引退を)報告?

「引退会見するとか父は思っていなかったので、びっくりはしていると思う。でもこういう形で応援してくださった国民の皆さん、ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えることは大切なことだと思うので、この場を設けさせていただいたのですが、『本当によく頑張った』というふうに天国から言ってくれていると思います」


——次の夢は?

「レスリング一筋でここまで来たのでレスリング以外のこともやっていきたい思いも強いですし、やっぱり女性としての幸せも絶対につかみたいなって思ってます。来年の東京五輪も、自国開催でもあるので盛り上げていけたらという思いも強いです」


東京五輪については、「選手たちが頑張っているので、私も精神的な支えになれたら」と語り、ナショナルチームのコーチを続けることも発表した。


■江頭2:50に感謝

筆者は吉田氏の追っかけをしている芸人の江頭2:50について尋ねた。江頭氏はアテネ五輪からリオ五輪まで自費で毎回出向き、独特の服装を着て吉田選手を応援。

北京五輪のときは吉田氏の金メダルが決まったとき、黄金の服装に身にまとい一般席で勝利を喜ぶ江頭氏がNHKの放送に映ったほどだ。

「五輪の会場の映像を見ると、後ろで全身金のタイツをはいていたりだとか、毎回、目立つ格好をされていたので気にはしながら見ていましたけれど、もちろん戦っている時は気にはならなかった。


終わって映像を見た時に、『また江頭さん、会場に応援に来てくれていたんだ』ってことを知って嬉しく思いましたし、遠いところまで足を運んでいただけて感謝しています。意識っていうのはあまりしていなかったですね。


でも北京五輪の前にレスリング道場まで来ていただいたのは覚えています。すごく応援していただいているんだなってことは、そこであらためて知ることができました」


エガちゃんの応援は伝わっていたのだ。

・合わせて読みたい→お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ