青森ご当地アイドル・りんご娘リーダー王林の「東京が怖い理由」がヤバすぎる

『アウトデラックス』に青森のご当地アイドル・りんご娘メンバーの王林が登場!

りんご娘、王林
(画像はりんご娘・王林Instagramのスクリーンショット)

青森県弘前市を拠点に活動しているご当地アイドルグループ・りんご娘リーダーの王林(20)が10日深夜放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場。

近年、『さんま御殿』など全国放送のバラエティー番組への露出が激増。青森と東京を行き来するなかで覚えた「東京への恐怖」を口にした。


 

■東京への恐怖告白

ローラや滝沢カレンを超える超絶天然キャラとして注目を集める王林。純粋がゆえに「東京は怖いところだらけ」と感じ、本音を吐露する。

青森と比べて面積が小さい東京なのに「凄い人がいるなっていう恐怖心」を持ち、電車の本数が多く「見たことない人が乗っている」ことにも怯える日々。

歩くスピードの速い東京人も苦手。ぶつかると「東京の人たちの中では『私は実在しないんだ』と感じさせられる」と独特な感想を述べた。


 

■フリーWi-Fiにも恐怖

青森と東京での1日はまるで別。青森で1ヶ月過ごしたような慌ただしさを東京で1日過ごすだけで感じ「見てるだけでいろんな光が私に入ってくる。せめて街ぐらいは落ち着かせてほしい」と嘆く。

青森では家にしかWi-Fiはないため、町を歩いていて勝手にWi-Fiが入る状況になると「泥棒したような気持ちになる」と熱弁。フリーWi-Fiにも恐怖を覚えていることが語られた。

次ページ
■密着で渋谷・原宿に…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ