夫が18歳下の女と不倫していた… 「夫より不倫女が憎い理由」が反響呼ぶ

夫が不倫をしていた…。困難乗り越え、元の鞘に戻ったが憎悪の気持ちは消えず…。

不倫
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夫の不倫によって離婚を決意したものの、さまざまな理由によって元の鞘に戻るケースがある。しかし、一度負った傷はなかなか癒えないものだ。

発言小町』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

 

■夫の不倫が発覚して…

夫婦関係の悩みを明かした投稿者。夫が、投稿者よりも18歳下の女性と不倫していたことが発覚した。離婚を迫られ、夫から傷つく言葉ばかりを浴びせられて自殺すらも考えたという。

その後、離婚しないことにしびれを切らした不倫相手が夫に別れをつげ、元の鞘へと戻る。1年8ヶ月が経ち、夫は「お前の元に戻って本当に良かった」と毎日優しく接してくるようだ。

しかし、ある日偶然SNSでその元不倫相手を見つけてしまったことから、憎悪の気持ちが湧いてきたという。なんと彼女は、夫と別れた後すぐに結婚と妊娠をしていた。

 

■キラキラ生きる彼女が憎い

その様子を見た投稿者は、「夫の子ではないか?」と疑ったり、かわいい写真に嫉妬したりと、日に日に悪さが増してきたよう。

もちろん、すべての元凶である夫が一番悪いのはわかっていながらも、「彼女が憎くてたまらないのです」と語る。SNSを見なければいいのだが、目が離せない。「私の心が正常になるには、彼女の不幸を見る事しかない、とまで思ってしまいます」と明かす。

夫は「いつまでつまらない事を言うの? こんなに大切にしてるのに」と言う。しかし、投稿者は「どす黒い心で心の底から彼女の不幸を望んでいます」と彼女の不幸を願うだけの人間になってしまったと掲示板に訴えた。

次ページ
■「離婚すべき」「憎しみを大切に」

あなたにオススメ