松本人志、「得意の体を使って…」 NGT山口事件に怒る指原莉乃への発言で視聴者ドン引き

指原莉乃が運営の問題点をぶった斬る

エンタメ

2019/01/13 14:00

松本人志

13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、NGT48・山口真帆への暴行事件を取り上げた。


 

■NGT山口暴行事件が波紋

しらべぇ既報でもあるが、NGT48・山口が、昨年12月に自宅に男2人に押し掛けられ、暴行被害を受けたことが判明。山口本人はSHOWROOMを使ったネットライブ配信で「運営が対処するといいつつ動かなかった。悪いことをしてるやつらもそのまま」と告発した。

芸能リポーターの長谷川まさ子氏は「山口さんの告発がなければ運営側が今回の件を発表していたかどうか」と疑問視。真偽不明だがメンバー間の情報流出の可能性があることを伝えた。


 

■指原莉乃が斬る「運営の対応すべて酷い」

今回の件について批判的なツイートをしていた指原が番組でも運営の問題点を淡々と斬る。

「運営のすべての対応が酷かったと思います。彼女に対する対応も、こうなった後の対応も悪い。どうにかすることはできなかったのか。私がツイッターで運営の批判めいたことを書いたことをガス抜きと思わないでほしい。うやむやにしてはいけない」


言葉を選びながら、NGT48運営のやり方に問題があったことを指摘する。東野幸治が「メンバーが関与していたというが会見は開かれるのか」と問いを投げる。

すると指原は「山口真帆と運営の発表に食い違いがあり何が本当かわからない。関与をしていたメンバーの断言はされておらず、犯人探しが起きている。現状では警察が関わっているので情報を出すのを制限されていて、疑われているメンバーも否定できない」と現状を語る。

次ページ
■指原も不満「防犯ベルの支給」と「仕切れてない運営」

あなたにオススメ