有安杏果が個人事務所を設立し活動再開 「ももクロ時代は幸せだった」と明かす

1年ぶりに活動再開宣言をした有安杏果、「『ももいろクローバーZ』として活動した時代は貴重で幸せな8年間だった」と心境を語る

エンタメ

2019/01/15 19:00

元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(23)が、公式インスタグラムで芸能活動を再開することを発表。個人事務所を設立したことも明かし、注目を集めている。



 

■個人事務所で活動再開

有安が話題の投稿をしたのは、15日。直筆と思われるメッセージを画像にしたものを公開し、

「私、有安杏果は2019年、音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく活動を始めます」


と芸能活動を再開することを公表。さらに、

「自分の意思で判断し、自分を信じて自立した行動ができるようになりたいと思い、個人事務所で自分のペースで、表現活動をやっていきたいと思います」


と、個人事務所を設立したことも記している。


関連記事:『イッテQ』出川女子会で「両胸ポロリ」の惨事 「これはヤバイ…」と騒然

 

■ももクロ生活は幸せだった

ほぼ1年前の2018年1月21日に「ももいろクローバーZ」を卒業し芸能界を引退した有安。子役として0歳から芸能活動をしていた彼女だが、2018年末である31日のインスタグラム投稿では、

「22年間のお仕事はどれも大切な思い出ですその中でもやはり8年間のももクロ生活は普段では見ることのない景色や体験をさせていただき密度の濃い充実した貴重で幸せな8年間でした」


と芸能活動を振り返り、

「明日からの2019年も感謝と謙虚な気持ちを決して忘れずに、過去にとらわれる事なく未来を向いて自分の歩幅で一歩ずつ全力で生きていきたいと思います」


と、今後の豊富を述べている。

View this post on Instagram

♪   2018年12月31日大みそか 今年もとうとう今日で終わりですね…   2018年は私にとってかけがえのない 素敵な1年になりました   早寝早起きを心がけた生活 明日の予定がない生活 いろんなワークショップやモノづくり 毎日のようにタピオカ巡り テーマパークや公園での散歩 浴衣を自分で着付けして花火大会 ペン字の本イラストの本アロマ検定 いろんな地方のCDショップ巡り マスクを気にしない生活 ジムに通ってヨガや筋トレやランニング お弁当づくりや色々な料理 ミシンや編み物 などなど数え切れません…   憧れのゆったりとした健康的な日々 私なりの普通の女の子生活がたくさん出来ました   この1年間でお世話になったみなさん 本当にありがとうございました   街で見かけてもそっとしてくださったみなさん SNSでずっと優しく見守りつつ応援し続けてくださったみなさん みなさんのおかげです 本当にありがとうね…    こんな素敵な1年を過ごす事が出来たのも22年間充実した芸能生活をさせて頂いたからだと思います   22年間のお仕事はどれも大切な思い出です その中でもやはり8年間のももクロ生活は普段では見ることのない景色や体験をさせていただき密度の濃い充実した貴重で幸せな8年間でした   改めて熱い心のこもった応援をいつもしてくれた『奇跡のファン』のみなさんをはじめ、関わってくださったすべてのみなさん… そして誰よりももクロのメンバーである、れに、夏菜子、詩織、あーりんに心から感謝の気持ちでいっぱいです 本当にありがとうございました   これからも、ももクロのことそして4人のことをどうかよろしくお願い致します   明日からの2019年も感謝と謙虚な気持ちを決して忘れずに、過去にとらわれる事なく未来を向いて自分の歩幅で一歩ずつ全力で生きていきたいと思います   急激に寒くなってきてるので くれぐれも体調にはお気をつけてくださいね それでは…みなさま良いお年を…✋   #有安杏果 #2018年  #感謝

A post shared by 有安杏果 Momoka Ariyasu (@ariyasu_momoka_official) on

次ページ
■ファンからの応援の声が続々

この記事の画像(1枚)