工藤静香(48)ほぼすっぴん? 目尻のシワをありのまま公開した姿に衝撃

工藤静香が、ほぼすっぴんに近い状態で目尻のシワが刻まれた写真を公開。ありのままのリラックスした姿に多くの反響が


 

■19年前の「ホタテの貝殻」今でも愛用

工藤は15日にもインスタグラムを更新しており、19年前の「ホタテの貝殻」をずっと大切に使っていることを明かしている。

1月15日にいただく小豆粥に合わせ、根菜と鶏肉の煮物、貝味噌を作ったという工藤。貝味噌に使用したホタテの貝殻は19年前のもので、このほかに25年前のものもまだ大切に使っているのだそう。

さらに、工藤の母の自宅には工藤が小学生の頃に使っていた貝殻もまだ保管されているという。捨ててしまう人も多い貝殻。食材を使い切るだけでなく、物も大切にしている姿にも「こんなに大きな貝殻は貴重ですね」「物持ちが良すぎます!」と多くの反響が寄せられていた。


関連記事:米津玄師、10歳年上の彼女報道 「いたんだ…」「最高の流れ」と衝撃

 

■すっぴんに自信が持てる女子は少ない

しらべぇ編集部が全国の20~30代の女性266名を対象に「すっぴん」について調査したところ、大半の女性が「すっぴんに自信がない」ことが判明。

(©ニュースサイトしらべぇ)

30代では、85.0%もの人が「自分のすっぴんに自信がない」と回答している。

日々の暮らしを丁寧に、今をカッコよく生きるその生き様に、多くの女性が共感していることが、工藤が多くの女性ファンから支持を得ている所以と言えそうだ。

・合わせて読みたい→香川県に初めて行った東京都民ドン引き 「さぬきうどんはほぼ麻薬」ということに気づく

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~30代の女性266名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)