バーで飲食しただけなのに…京都の女子大生たちを襲った「悲劇の展開」に悲鳴

バーで高級シャンパンなどを注文させられ、ツケ払いで借金が膨らんだ女子大生たちが風俗送りにされる…という事件が発生した。

社会

2019/01/17 16:30

女
(Tharakorn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若い女性を性風俗店で働くよう紹介したとして、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いでスカウト集団の男たちが逮捕されるという事件が発生。

手の混んだやり口に、ネット上で驚きの声があがっている。


 

■バーで借金、風俗店送りに

報道によると、事件の全貌はこうだ。

まず、京都市下京区のバー経営の男(24)が中心となり、京都の私大、国立大学の学生ら約20人でスカウト集団を形成。京都の繁華街、キャンパス周辺で女子学生を勧誘し、男が経営するバーに誘った。

そこで何度も通わせたり、高級シャンパンをツケで注文させるなどして、女子大生に多額の借金を背負わせた。その上で、京都や大阪、滋賀の性風俗店に紹介。働くよう指示した疑いがある。


 

■被害にあった女子大生の数がヤバイ

特筆すべきは、被害にあった女性の数。警察の発表によると、262人に及ぶというのだ。

男たちがグループとして、いかに大規模に悪行を働いていたかがわかる数字だ。

次ページ
■怒りの声が相次ぐ

あなたにオススメ