ギャルモデルの「ビーフォー・アフター」に衝撃 整形後の悩みに共感の声も

『小悪魔ageha』の読者モデルとして活躍した、双子モデル・吉川ちかが、化粧のビフォー・アフターを公開

女性ファッション誌『小悪魔ageha』の読者モデルとして活躍し、現在はユーチューバー、実業家としても活躍するモデル・吉川ちか。

昨年7月に公開した動画で、双子の姉・吉川ちえとともに整形事情を赤裸々告白した彼女が、メイクのビフォー・アフターをインスタグラムで公開し、多くの反響が寄せられている。


 

■メイクのビフォー・アフターを公開

吉川は17日に自身のインスタグラムを更新。化粧をする前と後の写真を公開した。

View this post on Instagram

化粧カラコンパワー凄っ!! 本当に別人級だからね🤣💓笑 . カラコンっていつ 卒業できるんだろうって 本当にいつも思ってる😂w . 化粧したら映える二重幅だけど すっぴんだとやっぱり不自然な幅。 だから裸眼も似合わないんだ😫💕 だからカラコンないと無理だもん。 . 若い頃は絶対幅広二重しか無理!! 広ければ広いほど可愛い👶💕って 感覚だったから年齢を重ねることによって ちゃんとメンテナンスしないとね✨ わたしも二重幅狭くしよかな?🥺💓 . やるなら今年中かなぁ? お金ためよーーっと😬💪 . ハッシュタグに#整形 とかそっち系を入れたから コメント欄が荒れませんように😫 最近忙しくて疲れてるから勘弁して下さい🤦‍♀️💕 . #整形#カラコン#裸眼#整形顔 #カウンセリング#二重幅#二重整形 #二重切開 #鼻中隔延長 #クリニック#メイク#別人

A post shared by ♥️吉川ちか♥️ (@yoshikawachika1116) on

2つの写真を見比べ、吉川自身も「化粧(と)カラコンパワー凄っ!! 本当に別人だからね」と改めて衝撃を受けた様子。とくに顔の印象を大きく左右している「カラーコンタクト」は、なかなか卒業することができず悩んでいるのだそう。

過去に、二重幅を広げるために全切開手術を受けたことを公表している彼女。化粧映えするパッチリとした二重に整形したものの、素顔の状態では「やっぱり不自然な二重幅」「だからカラコンないと無理」と、感じるようになってきたという。


関連記事:米津玄師、10歳年上の彼女報道 「いたんだ…」「最高の流れ」と衝撃

 

■さらなる整形に意欲?

過去には「絶対幅広二重しか無理!! (二重幅が)広ければ広いほどかわいい」と思っていた時期があったそうだが、「素顔でも違和感のないナチュラルな目元」に憧れを抱くようになり、美的感覚の変化を実感しているという吉川。

「私も二重幅狭くしようかな?」と、さらなる美容整形を検討しているようで、投稿の最後には「やるなら今年中かな? お金貯めよーーっと」と記されている。

次ページ
■「カラコンやめられない」に共感

この記事の画像(1枚)