安室奈美恵さん、引退覚悟した「7年前のトラブル」 まさかの引退事情に驚き

安室奈美恵さんが、引退を決意した理由について語るインタビュー映像が初公開された。7年前に起こったショッキングな出来事に、衝撃が走っている

安室奈美恵

2018年9月に引退した、平成の歌姫・安室奈美恵さん。

20日放送の『平成史スクープドキュメント』(NHK)のシリーズ第4回にて、安室さんが引退を決断した理由について明かすインタビュー映像が初めて公開された。ファンの間でも知られていなかった新事実に驚きの声が広がっている。


 

■いい状態の安室奈美恵を残したかった

およそ2時間半にもおよぶ、同番組のロングインタビューに応じたという安室さん。「引退を決意させてものは何だったのか」と問われると…

「ファンの皆さんの中に、『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしいなって。やっぱり、1つのゴール地点はそこだったりしていたので」


と、ファンの中の「安室奈美恵像を守るため」であったことを明かした。


 

■7年前に声帯を壊し「限界」感じた

また、安室さんは引退を決意したもう1つの要因として「声帯を壊してしまったことへの不安」もあったことを明かした。

安室さんが声帯を壊してしまったのは、引退した2018年から7年も前のことだったという。声帯への不安を抱えながら活動を続けていたが、次第に「声がうまく出ないな」「そろそろ声帯も限界なのかな」と感じるようになっていったのだそう。

次ページ
■7年前、急病でライブ公演を中断

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ