車内で妻に火を放ち殺害した男 直前の行動に「人間じゃない」と怒号

揉め事の末に空き地に停めた車のなかで、妻にガソリンが含まれる油をかけ、火を放って死亡させた男が逮捕された。

社会

2019/01/21 20:30

自動車火災
(AndrisBarbans/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

18日、石川県金沢市で男(80)が車の中で妻(79)に火をつけ、殺害した疑いで逮捕されるという事件が発生。男の疑われる「計画性」に、ネットからは怒りの声が上がっている。


 

■口論になって油をかけ…

同日午後2時半ごろ、同市大野町4丁目の空き地に停めた車のなかで、妻にガソリンの成分が含まれる油をかけた男。次の瞬間に、男はライターで火を放ち、女性は全身に火傷を負い死亡。

男は犯行当日、妻とドライブに出かけ車内で弁当を食べた後に口論となり、犯行に及んだとみられている。事件について男は、「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているそうだ。

2人は、数年前に別居してからも会っていたということで、警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機について調べを進めているとのこと。


関連記事:「ミスター慶応」出場の男が5度目の逮捕 鬼畜の所業に「これはやばい」と騒然

 

■「人間のできることじゃない」

この男の凶行に、ネットからは「人間のできることじゃない」「鬼畜の所業」と怒りの声が相次いでいる。

・生きてるものに対して、油をかけて火をつけるなんて普通の人間の心があればできることじゃないと思う


・まさに鬼畜の所業。できることなら同じ方法で死刑になってもらい


・これは人間のできることじゃない。人のかたちをした悪魔だ


・料理のとき、天ぷら油がピッとはねただけでも熱い。それなのに生きたまま火をつけるなんて信じられない

次ページ
■「供述に矛盾」との声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ