矢沢永吉、迷惑ファンを出禁&ファンクラブ追放を発表 「ファンを選ぶ時代」と賛成意見も

ロックミュージシャン・矢沢永吉の公式サイトで一部のファンに対して、出入り禁止を言い渡した旨を報告し、話題になっている。

話題

2019/01/24 16:30

ロックミュージシャン・矢沢永吉の公式サイトで一部のファンに対して、出入り禁止を言い渡した旨を報告し、話題になっている。


 

■現在、YAZAWA・69歳

昨年9月に69歳の誕生日を迎えたYAZAWA。2月にはファン待望のプレミアムライブの開催も決定し、まさに「ロック」な生き様を見せている。

そんな中、矢沢の公式サイト『YAZAWA’S DOOR』では、「私設応援団お断りについて」との題でスタッフからの知らせが更新された。


 

■「出禁」「強制脱退」の措置

内容によると、「私設応援団」を名乗る一部の集団による、旗振りや特攻服などの威圧行為、永ちゃんコールの強要や飲酒による迷惑行為などが行われていたようだ。

そもそも、矢沢本人や公式で展開する「YAZAWA CLUB」は、私設応援団を認めていないそうだが、これらの行為は「禁止」であると再三にわたる注意をしていたことが伺える。

にも関わらず、私設応援団に対してのクレームや「コンサートに行きたいけど怖くて行けない」という声が後を絶たない状況だったようだ。結果、一部ファンの「出入り禁止」や「ファンクラブ強制脱会」などの措置を取ったことを報告している。

次ページ
■「ファンを選ぶ時代」「措置を取るべき」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ