「忍者」と呼ばれた筋トレ男 窃盗で逮捕に「別のことに活かしていれば」と嘆きの声

ジムでの筋トレを通じて鍛えられたパワー(ベンチプレス120キロ)を武器に、屋上まで登り、ベランダから侵入する手口で犯行を繰り返していたという。

社会

2019/01/26 07:00

マンション
(©ぱくたそ)

24日、夜間にオフィスビルなどに侵入し、現金などを盗んだとして、ひとりの男が逮捕された。

男の手口や特異なキャラクターに、ネット上で注目が集まっている。


 

■「忍者」と呼ばれる早業

報道によると、逮捕されたのは大阪市西区の無職の男(42)。逮捕容疑は2017年から2018年にかけてで、大阪市内のビルに侵入し、現金や商品券など約950万円相当を盗んだ疑いがある。

この男の盗みの特徴は、ジムでの筋トレを通じて鍛えられたパワー。ベンチプレスは120キロに達していたそうで、豊富な筋力で夜間にビルの外壁や非常階段の鉄柵をつたって、短時間で屋上までよじ登っていたという。

この手口から、捜査員からは「忍者」と呼ばれていたそうだ。


関連記事:浜崎あゆみ(40)入浴シーンを公開し物議 「ヤバい」「さすがにちょっと…」

 

■呆れの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では呆れのが相次ぐことに。

・現代にまだ忍者はいたんだ!


・トレーニーとしてあるまじき行為やな〜


・こんな特技があるんだったらボルダリング、スポーツクライミングの選手にでもなればいいのに

次ページ
■「別のことに活かしていれば…」

あなたにオススメ