源頼朝が「激ウマすぎて歌を詠んだ魚料理」 日本人に生まれたことを心から喜べるほど美味

頼朝が感激した魚料理とは

グルメ

2019/01/27 22:00

 

■現代日本なら誰でも食べられるアレ

その料理とは、なんと『塩鮭』。当時は「楚割(すわやり)」という、鮭を干したもので、現代では鮭とばが近いかもしれない。

いまではコンビニで売っている鮭とばや塩鮭も、鎌倉時代には将軍が喜ぶ献上品だったのだから、保存技術や食文化の発展には驚くばかりである。


関連記事:工藤静香、手作りの正月料理がヤバすぎると騒然 「え…」「マジで震える」

 

■頼朝に現代日本の塩鮭を食べさせたい

もしかするとご飯にのせて食べるタイプの塩鮭は頼朝も食べたことがないかもしれないが、きっと食べたら失神するぐらいウマいと思うに違いない。

塩鮭がフツーに食べられる現代日本人に生まれてよかった! と心から思える、ちょっとほっこりする頼朝のエピソードだ。

・合わせて読みたい→店員におすすめ料理を聞いたら… 「正直すぎる発言」の数々が面白すぎると話題

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ