星座ランキング! 「会社に長く勤めるとマンネリになる」と考える星座とは?

環境も仕事も恋愛も…変化がなければマンネリ化してしまうもの。

診断

2019/01/27 08:30

会社マンネリ
(Jakraphong Pongpotganatam/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パラレルワークと言われるように、働き方は多様化し「一つの会社で長く勤め上げる」という考え方が変化しつつある。一昔前では「転職はキャリアに傷がつく」とされていたが、日本人の転職率は年々増加しており、転職へのイメージも変わってきているようだ。

長く同じ会社・仕事に携わり、マンネリを感じてしまう人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の会社員・公務員である男女709名を対象に調査を実施。その結果、全体の47.2%が「同じ会社でずっと働いているとマンネリになると思う」と回答した。

同じ会社でずっと働いているといつかはマンネリグラフ

なお、男性46.2%に対して女性49.2%とやや女性の割合が多いようだ。


 

■1位はマイペースなあの星座

さらに、この結果を12星座別でみるとトップと最下位で18ポイント差の開く結果に。

56.0%で、1位にランクインしたのはマイペースなみずがめ座。人から命令されること、束縛されることを嫌い、思うがままに行動したい欲が強い星座といわれている。

また知的好奇心をくすぐられるものが大好きで、気になったものは徹底的に追求することも。そのため、あらゆる分野の知識を保有し、トレンドにも敏感なようだ。

同じ会社にいると知識や情報が偏ってしまう。独創的でクリエイティブな気質のみずがめ座にとって終身雇用は窮屈に感じられるのだろう。


 

■仕事に変化を望みがちな星座たち

2位と3位にランクインしたのは、さそり座といて座。2位のさそり座は場の雰囲気を大切にし、謙虚に振る舞う性格とされる。一つのことに情熱をそそぎ熱中するため、その道のプロになる人も多いようだ。

また、探究心が非常に強く幅広い知識を身につけるため、引き出しの多さや会話のユニークさに驚かれることも。会社にいると、人間関係や仕事の幅が限られてしまう。向上心の強いさそり座には少し物足りないということだろうか。

3位は、エネルギッシュないて座がランクイン。未知の世界や未体験なことに高い関心を示し、物事に囚われず生きていく自由奔放な冒険家気質。行動した後に考える性格なのでとりあえず何でもチャレンジするが、長続きしないことも多いようだ。

知識欲・行動力・好奇心旺盛の三拍子が揃っているアクティブな性格のため、変化が多くバラエティに富んだ仕事に就くことが重要なのだろう。


■最下位は真面目で頑固なあの星座

最下位にランクインしたのは、忍耐強く頑固なやぎ座。やると決めたら全力で挑み、最後までやり抜く責任感のある性格。

また、何事にも慎重で用心深いため、変化の多い環境はやや苦手なようだ。 環境を頻繁に変えてしまうと様々な経験ができるが知識は、狭く・浅くなってしまう。

中途半端なことが嫌いなやぎ座がマンネリを感じるのは、「現在の会社では学び尽くした」時なのかもしれない。

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉があるように、一つの会社に止まると視野が狭まってしまうこともある。しかし、環境を変化させることは手段の一つにすぎない。本当に大切なのは、自分の気持ちを高く持ち行動し続けることではないだろうか。


・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の会社員・公務員の男女709名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ