性犯罪の刑法改正受けて調査方法も工夫 「日本は性犯罪に甘い」と思う割合は…

先日、今月末から「犯罪被害実態調査」を行うことを法務省が発表した。 7年ぶりとなる調査だがどのように変わったのだろうか

社会

2019/01/27 07:30

 

■回答の選択肢にも変化

「強制性交」や「強制わいせつ」などの性被害を受けたと回答した人には、暴行・脅迫の有無のほか、被害時の状況について「抵抗することができた」「暴力をふるわれると思って抵抗できなかった」などの選択肢が設けられる。

加害者についても「家族・親戚」だった項目を「親」「兄弟姉妹」などに分けるほか、「上司」「同僚」など選択肢を増やし、関係の明確化を目指すという。


 

■日本は性犯罪者に甘いのか?

日本国内での性暴力(強姦・わいせつ・DV・セクハラ・痴漢など)の報道が相次いでいる。再犯率の高さも目立つが、多くの報道を受けて日本の性犯罪者に対して「甘すぎる」との声も挙がっている。

しらべぇ編集部は、全国の20代~60代の男女1,344名を対象に調査を行ったところ、「日本は性犯罪者に甘い」と感じている人は、8割を超えている。

性別の回答でも男女ともに8割を超え、大きな差はないことがわかった。事件を受けて「許せない」との感情から「厳しい処罰が必要」と感じる人から、教師によるわいせつ行為の報道を通して、幼い子供を持つ親が「危機感を覚える」という意見も見られる。

「刑法が甘い(軽い)ために、再犯率が高い」との声も。今後、日本が性被害者・加害者とどのように向き合っていくのか、注視していきたい。

・合わせて読みたい→泥酔して路上で寝ていた男性、突然下着を脱がされ… 耳を疑う惨事に絶句

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1.344名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ