違法アダルト動画でひとりエッチしている人の割合は? 公務員では少ないが…

ネット上の動画には著作権法を無視した海賊版も目立つ。勇気を振り絞って脱いだ女優たちにお金が入らないこうした違法動画をオカズにしている人も。

オトナ

2019/01/29 08:30

パソコン
(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ネット上には、数えきれないほどの違法動画やそれらをまとめたサイトが氾濫している。著作権法を無視した海賊版は、著作権管理団体などが取り締まりを続けているが、実際にはいたちごっこの状態だ。

テレビ番組の映像も数多くYouTubeなどにアップされているが、アダルト動画の被害も甚大なものがある。そうした動画をオカズに自慰行為をしたことがある人も少なくないのではないだろうか。


 

■2割が違法動画で自慰経験あり

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,664名を対象に調査したところ、全体の18.4%が「違法にアップされたアダルト動画で自慰の経験がある」と回答した。

違法動画

男性はほとんどが自慰行為をしている(TENGAヘルスケア調べで88.9%が自慰経験あり)ことからも経験率が高く、29.9%。しかし、女性でも7.0%が違法動画で自慰をしたことがあると回答している。


関連記事:違法薬物を一度でも使ったことがある人の割合は… 誘惑に負けるのは若者だけではない?

 

■50代男性がやや目立つ

この調査結果を男女・年代別で見てみると…

違法動画

経験率のため、年齢が高いほうが割合が高くなる傾向が一般的だが、男性でもっとも低かったのは40代で27.2%。一方、もっとも多いのは50代男性で33.5%が違法動画をネタに自慰をしていることが判明した。

女性は若い世代ほど経験率が高く、20代では11.2%に及んでいる。


■どんな職業の男性が「違法自慰」をしているのか?

男性の場合は、生理的な問題や性欲のメカニズムから、自慰をすること自体は自然なことと言える。しかし、体を張っている女優や男優、製作者やメーカーにもお金が入らない違法動画をオカズにするのは、違法行為の片棒をかつぐことと同じだ。

職業別には、どのような仕事の人がこうした行為をしているのか、男性に絞って見てみると…

違法動画

もっとも多かったのは会社員で33.7%。無職、アルバイト、自営業が3割前後で続く。一方、仕事柄もあってか公務員は19.0%と全体で2番目に低く、学生では15.8%にとどまった。

・合わせて読みたい→Hな動画を見ている人は本当はどれくらい存在するのか 20〜30代女性も過半数が経験済み

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)