12星座ランキング! 日常生活に彩りを感じられない星座とは?

生きることよりも生き抜くことに必死になって、今を楽しめないこともある…

診断

2019/02/01 11:00

日常に楽しみ
(kuppa_rock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仕事、家事、育児、勉強…生きているとやらなければならないことが山積みだ。

忙しさに追われ、自分や今この瞬間と向き合う時間を取れず、日常生活に彩りを感じなくなってしまう日もあるだろう。中には、「日常生活であまり楽しみを感じられない」という人も少なくないはず。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,664名を対象に調査を実施。その結果、全体の34.4%が「日常生活であまり楽しみを感じられない」と回答した。

日常生活であまり楽しみを感じられないグラフ

なお、男性36.6%、女性32.2%とやや男性のほうが人生を楽しめていない様子が伺える。


 

■1位は目立ちたがり屋なあの星座

さらに、この結果を12星座別でみるとトップと最下位で15ポイント近く差の開く結果に。

日常に楽しみ

42.5%で、1位にランクインしたのは目立ちたがり屋なしし座。ポジティブ思考かつ非常に遊び心を大切にしてる星座。そのため、嫌なことや辛いことも楽しく乗り切ろうと創意工夫するようだ。

一方で、とても派手好きで、華やかなことや個性的なことを求めるため、周囲から一目置かれる存在でもある。社会的な常識に囚われずに物事を判断するしし座にとって、日本社会はとても窮屈であり、心から楽しむことが難しいのかも。


関連記事:借金300万円を踏み倒し開き直る元芸人に怒りの声殺到 「クロちゃんがマシに見える」

 

■日常に彩りを感じない星座たち

2位と3位にランクインしたのは、おとめ座とおひつじ座。2位のおとめ座は道徳心を重んじているおとめ座。責任感があり、周囲に迷惑をかけないよう振る舞うとても気遣い屋な星座なため、ストレスを溜め込みやすい傾向も。

周囲の影響を受けやすく、繊細なおとめ座は、自分よりも人のことを優先してしまいがち。そのため、日常生活を心から楽しめる機会が少ないということだろうか。

3位は、行動力のおばけであるおひつじ座がランクイン。思い立ったが吉日がモットーとし、積極的にチャレンジしていく星座とされる。また、未知のものを開拓することに喜びや達成感を感じる一面も。

日常的にジェットコースターのようなスリルを求める性格のため、ルーチンワークや固定された生き方に飽き飽きしているのだろうか。


■最下位は感受性が豊かなあの星座

最下位にランクインしたのは、感受性が豊かなうお座。あらゆる環境の変化にも柔軟に対応できる性格とされる。また、想像力が豊かで型にはまらない考え方を持っているので、物事を柔軟に受け取り新鮮な気持ちで楽しむことができる星座とも言われている。

周囲の目や反応を気にせず、自由な発想と想像力を持って日常生活を楽しんでいるのだろう。

忙しさに追われるとつい、些細な幸せや楽しみを見逃してしまうことがある。そんな時こそゆっくり深呼吸をして「今ここにある幸せ」に目を向けて感謝の気持ちを持つことが大切なのではないだろうか。


・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ