奈良県民にとってはご近所さん? 『ケンミンショー』で信号待ちをする鹿が話題に

奈良県民にとって鹿はかなり身近

地域

2019/02/01 08:30

鹿
(Travel and Still life photography/iStock/Getty Images Plus)

大仏や寺院など様々な日本の芸術作品があり、観光地として人気がある古都・奈良。そんな奈良の人気スポットには古き良き芸術だけではなく、奈良公園の鹿も大きな人気を集めている。

そこで、31日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では奈良に住む鹿を特集して話題だ。


 

■奈良県民にとって鹿はご近所さん?

奈良県民にとって鹿はどのような存在なのか、番組のインタビューでは、

「鹿は空気みたいな存在です。普通に居るみたいな。犬や猫みたいな感じ」


「玄関を開けたら前の道路に居ました。ドアを開けて門がある外の道路にいました」


といったコメントが。また、

「この辺もよく通ります。お店に来ていろんなものを食べるんですよ。朝、ずっと歩いてますよ、相当の行列でしたよ15匹か16匹はいた」


「すれ違わないとなにか起こるのかなってくらいいっぱいいます」


などの意見が見られ、鹿が奈良県民にとって身近な存在だということがわかった。中には犬のように「お手」ができる鹿や人間のように信号待ちをして横断歩道を渡る鹿など、かなり人間世界に溶け込んでいる鹿も。


 

■鹿がいる生活が羨ましい

ネットではナチュラルに鹿が居る生活を羨ましがる声が多く見られる。


■行きたい都道府県は?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,344名を対象に調査を実施。47都道府県のなかから、いま観光に行きたい場所を複数回答で選んでもらった。

その結果、残念ながら奈良県は5位以内にランクインはできなかった。しかし、今回の放送で奈良は寺院や大仏だけでなく、ナチュラルに歩き回る鹿を見ることができることもわかった。これを機に奈良へ観光に行き鹿を身近に感じるのも面白いかもしれない。

・合わせて読みたい→外国人が喜ぶ観光地をトリバゴ美女が紹介! デーブは仕事の減少を心配?

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ