嵐に「無責任」と追及した記者も? サイコパスと呼びたくなる他人の行動4選

反社会的精神構造を持つサイコパス。あなたの周りにも?

人間関係

2019/02/02 11:30

後ろ姿
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇでも既報の通り、1月27日に開かれた嵐の活動休止記者会見で大野智が「自由な生活がしたい」と発言したことについて「無責任ではないか?」と質問した記者に批判が殺到。

怒りの声は広がり、ネット上では記者が特定されているほど。そんな記者についてメンタリストのDaiGo氏が自身の動画で「サイコパスの可能性がある」と持論を展開し、共感の声が広がっている。


 

■サイコパスが身近にいる人は…

サイコパスとは一般的に「反社会的な精神を持つ病質者」のことを指す。誰しも、そのような人物とは付き合いたくないだろう。

ところがしらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,664名に実施した調査では、20代の19.6%が「身近にサイコパスと呼びたくなる人がいる」と回答。

「受け取りかた」もあるのだろうが、若者の周りには反社会的と感じる精神構造の持ち主が存在しているようだ。


関連記事:『モニタリング』男女の密着行為が映り込み騒然 「放送事故」「ヤバい…」

 

■サイコパスだと感じた瞬間4選

どのようなとき「この人はサイコパス」だと感じるのだろうか。複数の人に取材してみた。

①ブラック企業の社長

「勤務していた会社の社長。労働基準法など微塵も守らず、とにかく『成果を出せ』の一点張りで、休暇取得しようものなら『休んで成果が出るのか?』とキレる。


この会社にいては殺されると思って逃げましたが、電話がひっきりなしにかかってきて『休業時に発生した損害賠償を請求するぞ』といわれた。弁護士を立てて事なきを得ましたが、あの社長は間違いなくサイコパスでしたね」(20代・男性)


②人のことを考えない上司

「うちの上司は笑顔で優しいのですが、人のことは全く考えてない。突然『明日から1週間香川県に出張してほしい』『1週間でシステムを改修してね』ととんでもない仕事を押し付けてくる。


断ろうとすると、『香川、嬉しくない?』『1週間あったら終わるよね?』と困惑される。全く気持ちを汲んでくれない」(30代・男性)


■元妻の行動にも…

③異常に嫉妬をする元妻

「とにかく嫉妬がすごくて…携帯電話のチェックは当たり前、女性が参加する飲み会は禁止。さらには所在時のGPS管理とエスカレートしていった。


なんとかそれに耐えていましたが、当の本人が不倫。嫉妬と言うより、他人の気持ちがわからない人だったんだなって」(30代・男性)


④不幸なニュースを嬉しそうに語る同僚

「悲惨な事件を探してはニヤニヤして、その話を振ってくる同僚が職場にいる。そういう事件って普通は語りたくないでしょ。こいつ、犯罪願望あるんじゃって思ってしまう」(40代・男性)


誰もが近づきたくないサイコパス。「この人は、もしかして…」と感じた場合は、速やかに距離を取ったほうがいいかも。

・合わせて読みたい→草彅剛、意味深すぎる写真を投稿して騒然 「中居と木村が」「これって…」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,664名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ