桃太郎は桃ではなくおばあさんから生まれた!? 『チコちゃん』の意外な解説が話題に

『チコちゃんに叱られる』で桃太郎が桃から生まれた理由を解説。まさかの理由に驚きの声が

エンタメ

2019/02/02 13:00

チコちゃん

1日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマのひとつ「桃太郎はなぜ桃から生まれた?」の調査結果が、ネットで話題となっている。


 

■「大人の忖度」により物語が改変

童話『桃太郎』で、桃太郎は川へ洗濯をしに行ったお婆さんが拾ってきた桃から生まれ、イヌサルキジと共に鬼を倒すという多くの人が知っているストーリーだが、じつは「これは改変された話である」と解説。

元々、桃太郎は桃から生まれたのではなく、桃を食べて若返ったお婆さんとお爺さんから生まれた子供だったのだ。しかし明治時代に、「男女の関係というのは教育によくない」ということでストーリーを改変。

桃太郎が桃から生まれた小さな子供が鬼を退治しに行くという形に変わった。そんな事情について、番組では「大人の忖度」と表現された。

「小さな子供が鬼を退治しに行く」という行為が、「小さな日本が大国を打ち倒す」という構図と重なり、当時の富国強兵教育のために教科書に載せ、そして変更された教科書のストーリーが童話として広まったようだ。


 

■ネットでは驚きの声が相次ぐ

大人の事情から物語が変化したことに対して、ネット民は驚きを隠せなかったようだ。

「大人の忖度で、桃太郎がももから生まれたってマジ!?」


「桃太郎の明治教科書盛り込み話知らなかった」


「桃太郎がまさか桃食って若返った爺と婆の子だったとは…大人になって明かされる衝撃の事実」


■桃太郎のストーリーを言える?

今回のテーマである『桃太郎』の話だが、中には話がうろ覚えになっている人もいるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,666名に「桃太郎のストーリー」について調査したところ、「言える」と回答したのは全体の2割程度。

20代では2割を切る結果となった。現在は絵本等もたくさんあり、桃太郎の話をあまり聞かなかったり、印象が付かないまま育つ人も増えているのかもしれない。

大人の事情で変わってしまった童話は他にも多数あるはずなので、調べてみるのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→『あいのり』桃、友人の手作りドレスをゴミ袋へ 「これはない」「かわいそう…」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日
対象:全国20代~60代以上の男女計1666名

あなたにオススメ