「常軌を逸した小児愛」 児童ポルノ法違反で逮捕された男、釈放後に友人の娘を暴行し動画撮影

英国コーンウォール州で起きた悲劇的な事件。性犯罪者の再犯はどうしたら防ぐことができるのだろうか。

社会

2019/02/03 10:00


 

 

■常軌を逸した小児愛

イギリスのNGO団体である全英児童虐待防止協会の報道官は以下のコメントを発表。

「自分の欲を満たすための計画的な性犯罪は、安全な子供時代を過ごすという権利を奪うものであり、キャロル被告のような常軌を逸した小児愛者は投獄されて当然です。


子供のわいせつ画像の裏には、性的虐待を受けている被害者がいることを証明した事件だと考えます」


関連記事:レイプ後に生き埋め、窒息死させられた18歳少女 残虐すぎる犯行に言葉を失う…

 

■ネット上の反応は

判決結果を受けて、ネット上では社会問題として「児童への性的虐待」を軽んじているのではないかという意見が噴出した。

「再犯を可能にした社会のしくみにも原因があるのではないか」


「10年もすれば釈放されてしまう。また同じような悲劇が繰り返されないことを祈るしかない」


「政府は投獄にかかるコストを減らすことばかり考えず、子供たちを虐待から守るために長期間の刑罰による抑止力も検討してほしい」


■性犯罪の刑罰が甘い

今回は英国での事件であるが、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,344名を対象に調査を行ったところ、「日本は性犯罪者に甘い」と感じている人が8割超。国を問わず性犯罪者への刑罰に疑問を感じている人が多いことが分かる。

今回の事件のように被害者が子供であった場合、厳罰化をのぞむ声が多いことも頷ける。国の将来を担う子供たちを守るのは社会の義務であり、制度の見直しが進むことを願うばかりである。

・合わせて読みたい→芸能事務所社長が所属タレントに性的暴行 その供述に「ヤバすぎる」「闇が深い」

(文/しらべぇ編集部・鈴木 もなみ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)