キンコン梶原、怒る後輩を笑うドッキリ動画で炎上 「やりすぎ…」「マジで不快」

キングコング梶原雄太が自身のカジサックチャンネルの動画で炎上。「やりすぎ」と心配も…。

キングコング・梶原雄太

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が4日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。ドッキリ企画の内容が「やりすぎ」として批判を浴びている。


 

■ドッキリに「ふざけんなよ!」

普段はカメラマンや声で出演しているヤスタケにドッキリを仕掛けようという内容。梶原は、無類のスニーカー好きで家に大量に保管しているヤスタケのコレクションをすべてお菓子の『スニッカーズ』に変えることに。

「ビックリすると思うねん(ヤスタケが)帰ってきたら」と笑顔でノリノリの梶原だが、カメラマンは「え〜 コレクターは触られるの嫌ですし」と若干引き気味。結局、かなり高価だと思われる3足を除いて『スニッカーズ』に変える。

帰宅したヤスタケはその惨状に衝撃。「え…なに?」とつぶやき、その場で腰を抜かして倒れてしまう。そして、ドッキリだと知らせる手紙を発見すると「ふざけんなよ!」と落胆する。「あれ、めっちゃ怒ってる?」とネタバラシをする梶原に「怒ってるでしょ! 面白くねえよ!」と怒りをあらわにした。


 

■「マジで不快」「ひどすぎ」と批判殺到

後輩へのドッキリに笑顔の梶原だが、ネット上では「やりすぎ」「正直引いた」と批判の声が続出し、動画には低評価が殺到してしまう。中には、動画削除を求める声も見受けられた。

「カジサックのスニーカー動画マジで不快になる」


「カジサックが良くないというよりもテレビ的なノリや考え方が良くないわ。テレビのドッキリも良くないのは普通に嫌われてきたじゃん。嫌がらせと紙一重で」


「カジサック のスタッフが大切にしてるスニーカーを隠すドッキリ見たけどひどすぎやな。Youtubeに芸人の変なイジリとか持ってくるなよ」


こういった批判を受け、梶原はツイッターで謝罪した。

次ページ
■緊急生配信で謝罪

あなたにオススメ