猫のしっぽ掴み、水に投げ込んだ男が逮捕 動画投稿で虐待明らかに

2匹の猫のしっぽを掴み水路に投げ込んだとして、31歳の派遣社員の男を「動物愛護法違反」の疑いで逮捕した。

社会

2019/02/05 19:45

猫
(Bence Bezeredy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

4日、2匹の猫のしっぽを掴み、水路に投げ込んだとして、福島県警須賀川署は、31歳の派遣社員の男を「動物愛護法違反」の疑いで逮捕した。



 

■虐待の様子をYouTube投稿

男は、昨年12月10日と先月20日の2回にわたり、それぞれ1匹の猫を虐待。さらに、昨年の虐待の様子を自ら動画撮影し、9分間の動画をYouTubeに投稿していたそうだ。この動画を見た複数人から警察に通報があり逮捕に至った。

男は調べに対して容疑を認めているが、警察は事件の詳細など調べを進めているという。


関連記事:『スッキリ』一青窈、生歌唱中の行動に騒然 「恐ろしい」「びっくり…」

 

■「必死にもがく様子が」「許せない」

動画を観て通報したという50代の男性は「動画では猫が水路に落とされて必死にもがく様子が映っていた」と証言。自分より立場の弱い動物を虐待する事件が後を絶たないことに「絶対に許せない」と怒りを露わにし、同じような犯罪がなくなることを切望した。

自身の飼っているペットへの暴力や簡単に捨ててしまう行為、外で見かけた動物に対して虐待を与える者など、今回のように残虐な動画を投稿する者までいるのだ。

次ページ
■動物虐待に厳罰化を望む声は…

この記事の画像(1枚)