純烈・酒井一圭「ショックでした」ともう一つの悲劇語る その内容に励ましの声相次ぐ

DV騒動で友井雄亮が脱退し4人での再スタートとなったムード歌謡グループ「純烈」が、現在の胸中を吐露。

エンタメ

2019/02/05 20:00

酒井一圭

ムード歌謡グループ「純烈」元メンバー友井雄亮のDV問題が、張本人の脱退により沈静化を見せるなか、5日、リーダーの酒井一圭が公式ブログでその当時を振り返った。「ショックでした」と語ったその内容を受け、ファンからは応援の声が相次いでいる。

 

■「全く笑ってなかったよ」

しらべぇでも既報のとおり、過去の交際女性への暴力問題や貯金3,000万円を使い込むトラブルが報じられ、引退を余儀なくされた友井。そうした騒動の直後、酒井は明治座でのステージの際、ファンからあることを指摘されたという。

「初日のお客さんに『客席で歌唱中、握手してもリーダー全く笑ってなかったよ』あれはショックでした。自分ではめちゃ笑ってるつもりだったんです。笑えてなかったんだね。。」


と語りはじめた酒井は、さらに、

「確かに初日と2日目辺りは客席に降りて握手するのが怖かった。近くで目の奥を覗かれてしまうのがね、怖かったんだよね。。」


と、その当時の胸中を赤裸々につづった。


関連記事:『スッキリ』一青窈、生歌唱中の行動に騒然 「恐ろしい」「びっくり…」

 

■ 「いつか必ず」と今後へ意気込み

また、同ブログで騒動を「ジェットコースターどころかスペースシャトル」と形容した酒井は、

「だけどね、結成から積み上げてきたリズムは全く崩れなかったんです。これだけの嵐が吹き荒れたのに。しっかり寝て、しっかりと仕事をする」


と、グループとしての軸が揺らがなかったことを示唆。

「いつか必ず皆様に楽しんで頂くこと。そんな風に考えています」


と、その意気込みを語った。

次ページ
■「期待してます」と応援の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ