宿題終わらない小4三男を暴行した男 残酷な仕打ちに「最低最悪」と怒号

兵庫県加古川市の自宅で小学4年生の三男の脇腹を数回殴り、水筒を頭部に投げつけるなどした男が逮捕。

社会

2019/02/06 19:00


 

■野田市虐待事件と比べる声も

一方、ここ連日テレビで報道されている野田市虐待事件の名を挙げ、「児相は解除しちゃダメ」「全員でこの子を守って」とその教訓を生かすように訴える声も多く上がった。

「命ある限り、家族や周りの人全員でこの子を守ってあげてほしい」


「児相はこのまま、保護をしつづけた方がいいと思う。相当な理由がない限り解除しちゃダメ」


「役所も児相も野田市事件の反省を全力で生かしてほしいと思います」


関連記事:小3女児が受けた数々の暴行に衝撃 カメラに残された「地獄の50分間」に怒号飛び交う

 

■3人に1人「親から殴られたことある」

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,365名に「親からの暴力」について調査を実施。すると、約3人に1人が「殴られたことがある」と回答する結果となった。

虐待

理不尽な理由で行われた、残虐な暴力行為の数々。次男や三男が二度と同じ目に逢うことのないよう、行政や児童相談所が一体となって守り抜いていく必要があるだろう。こうした暴力行為の根絶を願うばかりだ。

・合わせて読みたい→あおり運転の末に夫婦の顔面を殴った男 「常軌を逸した行為」に怒号相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)