2歳娘、父親から性的虐待か 遺体に残った形跡に「信じられない」と悲鳴

2歳の娘が、30歳の父親から性的虐待を受けていた…東淀川区で起きた事件に新たな進展。

オトナ

2019/02/07 16:30

女児
(manop1984/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨年11月、大阪府・東淀川区で当時2歳だった長女が30歳の父親から頭部に暴行を加えられ、死亡するという事件が起こった。

この父親はすでに傷害容疑で逮捕・起訴されているが、今回、新たに性的な虐待が行なわれていた疑いで再逮捕されたことがわかった。


 

■強制性交等傷害の疑いで再逮捕

報道によると、再逮捕容疑は同12月10日から16日までの間。妻の実子だった長女に対し、自宅で性的暴行を行ない、体に全治1週間の傷を負わせた疑い。

警察は逮捕以前に、すでに長女の遺体に性的暴行が加えられた形跡があったことを把握しており、複数の医師を交えながら慎重に捜査を進め、今回の再逮捕に踏み切った。

しかし、男は警察の取り調べに対し、「心当たりがない」と主張しているという。


関連記事:『スッキリ』一青窈、生歌唱中の行動に騒然 「恐ろしい」「びっくり…」

 

■「ヤバイ…」「信じられない…」

この報道に対し、ネット上では「信じられない」「それでも父親か」「2歳の娘に、って…」など、衝撃の声が相次ぐことに。

次ページ
■「虐待の形跡」に悲鳴も

この記事の画像(1枚)