チョコプラ、モノマネがウケすぎて「コントがグチャグチャになってる」と悩み告白

『アメトーーク!』にて、「今年が大事芸人2019」企画が行われた。

チョコレートプラネット
(画像はチョコレートプラネット長田公式ツイッターのスクリーンショット)

7日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて、「今年が大事芸人2019」企画が行われた。前年に賞レースを制したハナコや霜降り明星を始め、今後の飛躍へ向け今年が勝負の年だと意気込む芸人たちが集結。現在抱えているリアルな悩みをぶっちゃけた。


 

■人気者チョコプラの意外な悩み

優勝候補と言われて臨んだ『キングオブコント2018』で3位という結果に涙を飲んだ、チョコレートプラネットも同企画に参加。すでに十分「売れている」コンビのようにも思えるが、本人たちは納得していないという。

というのも、「モノマネ芸人だと思われている」点が不服なのだとか。彼らの本来の姿が本格派コント師であることは、お笑い好きであれば誰もが知るところ。だが、お茶の間レベルにまでそのイメージが伝わっているとは到底言えない状況だからだ。

さらに近年では、新たに開発したリズムネタ「TT兄弟」がブレイク。その結果、松尾駿のIKKOモノマネ、長田庄平の和泉元彌モノマネ、TT兄弟の3種類しか求められないコンビになってしまった。

現在では「仕事の9割がモノマネ」だという。モノマネを封印することも考えた長田だったが、「(モノマネを)振られるし、やるとウケるんで。やめられなくなってしまった」と深刻な悩みを打ち明けた。


関連記事:『スッキリ』一青窈、生歌唱中の行動に騒然 「恐ろしい」「びっくり…」

 

■本業のコントにモノマネが侵食

そんなチョコプラも、劇場では「本業」のコントで勝負している。しかし、テレビでの活躍が影響し、不可侵であったはずの本格コントも「グチャグチャになっている」のだと明かした。

あるとき劇場での出番を終えた長田がネットをチェックしていると、「モノマネが見られなくて残念でした」といった来場者のツイートを目にしてしまう。

そこで、ファンに喜んでもらいたい一心で「コントにモノマネを取り入れてみた。(コントの展開とは無関係に)急にIKKOさんが出てくるんです」と、力技でモノマネをねじ込んでみたという。

チョコプラとしては不本意な部分もあっただろう。しかし、そのコントは爆笑をもって受け入れられた。やがて「元彌さんも見たい」との要望も届くようになり、仕方なく長田もコント内でモノマネを披露するようになったのだそう。

次ページ
■最終的には「全部入り」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ