チラリズムかフェチズムか 「裸より水着のほうがエッチ」と考える人の割合は…

数多くのグラビアアイドルが雑誌の表紙を飾り、バラエティ番組などでも活躍しているが、「裸よりも水着のほうがセクシー」と感じる人もいるのだろうか。

ライフオトナ

2019/02/09 09:30

(537368838/iStock/Thinkstock)

しらべぇでは、毎日グラビアアイドルの取材記事を紹介している。毎週末、数多くのグラビアイベントが行われるためだ。水着姿のグラビアは、カレンダーやDVD、写真集、また多くの雑誌の表紙を飾っている。

セクシーな水着グラビアに魅力を感じる人が、少なくないという証だろう。とはいえ一般的には、いくらきわどくても水着で隠しているよりも、全部脱いでしまったフルヌードをセクシーに感じる人が多いのではないだろうか。

しかし一方で、「チラリズム」「隠すことで立ち上るエロス」も存在する。裸と水着、人はどちらをいやらしく感じるのか、調べてみた。


 

■「裸より水着がエッチ」は2割

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,664名を対象に調査したところ、「裸より水着の方がいやらしさを感じる」と回答した人は23.1%。水着

ただし、女性では17.0%にとどまるのに対して、男性は29.1%が裸よりも水着のほうがエロスを感じることが判明。性の世界ではさまざまなフェチを持つ人がいるが、「必ずしも丸出しにすれば男性はエロく感じる」というわけではなさそうだ。


 

■若い男性は水着派か

さらに、男女年代別で比較してみると、興味深い傾向が明らかになった。

水着

すべての年代で男性が女性を上回っているが、とくに20〜40代の男性で「裸より水着派」が3割前後と高くなっている。中高年男性は、モロ出し好みの傾向が強いようだ。

一方、女性は年齢が若いほど「水着のほうがエッチ」と考える傾向も見られ、20代女性では22.9%が「水着のほうがいやらしい」と回答している。


■地域差はあるものの…

この「裸より水着派」には、地域によってもバラつきが見られた。

水着

「裸より水着がエッチ」と感じる傾向が強いのは北関東および四国で27%前後。首都圏や九州・沖縄、北海道もやや高い。一方、東北や甲信越では水着派が1割台と、ヌード支持が目立つ結果となった。

・合わせて読みたい→恋人に「裸の写真」を送った経験ある? 女性以上に20代男性は露出趣味が多数か

(文/しらべぇ編集部・雨琴

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ