若槻千夏、「声優のオファーが来ない」と嘆き 「プロ意識の高さ」を猛烈アピール

『有田哲平の夢なら醒めないで』で声優を目指す若槻千夏がプロ意識の高さをアピールしたが…

若槻千夏

12日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)は、「アイドル声優VSベテラン声優SP」と題し、『とっとこハム太郎』春名ヒロ子役・池澤春菜や『けものフレンズ』サーバル役・尾崎由香ら豪華声優陣が出演。

以前から「本気で声優を目指している」と公言してきた若槻千夏が、自身の声優としてのプロ意識の高さをアピールし、周囲をザワつかせた。


 

■声優を目指す若槻

若槻は「声優をやりたいと思って、ボイトレにも通っている」と告白し、声優陣を「大先輩」と呼ぶなど興奮気味。

人気芸人やタレントに「声」の仕事がオファーされることは多いが、若槻も昨年ついに夢が叶い、アニメ『3D彼女 リアルガール』の出演が決定。声優としての一歩を踏み出した。

既に収録済みとのことで、そのキャラクターの決め台詞「保険金で高校だけは卒業してよね」をその場で披露すると、有田哲平らから「どんな話だ」とツッコミが飛んだ。


関連記事:若槻千夏、信じられない恐怖体験を告白 「絶対に嘘」「ありえない」と騒然

 

■若槻のプロ意識

「声」が大事な声優だけに喉のケアには人一倍気をつかう。人気ゲーム『アイドルマスター』宮尾美也役・桐谷蝶々は自宅に常備する喉ケアグッズを披露し、声優界で大流行している台湾生まれの喉シロップを紹介する。

スタジオ出演陣に実物が配られたのだが、若槻は「私も持ってる」とポケットから同商品を取り出し、「普段、収録前に舐める。私、声優なんです」と強調。

「いつも使ってる」「先輩と同じの持ってる」とさらにアピールを続ける若槻を、有田は「プロ意識が高い」と称賛。「プロ意識は一番高い。オファーが来てないだけ」と若槻は苦笑いするしかなかった。

次ページ
■視聴者は応援?

あなたにオススメ