小学生女児の体を触り、動画を撮影した33歳男 「誘い文句」に怒号が相次ぐ

相模原市南区の無職の男(33)が強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で再逮捕された。今回で4度目の逮捕だった。

社会

2019/02/13 20:30

女
(mamahoohooba/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

相手の同意を得ない状況で、性行為やわいせつな行為に及ぶのは決して許されない。とくに、対象者が年端もいかない子供となると、悪質さはより際立つと言える。

12日、相模原市南区の無職の男(33)が強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で再逮捕され、ネット上で注目を集めている。


 

■「お腹の検査」と嘘ついて

報道によると、再逮捕容疑は昨年7月31日。海老名市の路上で、当時それぞれ10歳、7歳だった女子小学生に対して、「保険の先生に頼まれて、お腹の検査をしている」「給食の中に髪の毛とか、虫とか入っていないか検査させて」などと声をかけ、民家の敷地内に連れ込んだ。

そして、彼女たちの体を触り、それをスマホで動画撮影したという。なお、男の逮捕は今回で4度目になるそうだ。


 

■「怖い」「何度逮捕されれば…」

この報道に対し、ネット上では「あと何人被害にあえばいいんだ」「怖すぎる」などの声が。

・更正などできないし、する気もないし…司法はあと何人の女の子が被害にあえば、この変態を始末してくれるのですか?


・ダメだって、野放しは…


・性犯罪は再犯率が高いのに、刑が軽すぎる。いつになったら法改正されるのやら


・怖い。すごい近所。子供への性的な問題は病気でしかないと思うから、もう世の中に出さないで欲しい

次ページ
■誘い文句に怒りの声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ