遠野なぎこ、ベッキーへの強烈な皮肉が物議 「公共の電波で…」「さすがに引く」

『バラいろダンディ』巨人・片岡治大コーチと結婚したベッキーに、遠野なぎこが強烈な皮肉。

 

■遠野の皮肉に賛否の声

宣戦布告ともとれる遠野の皮肉に、ツイッターやガールズちゃんねるでは「怖すぎる」「よく言えたね」と驚きの声があがった。

「なぎこのこういうところ嫌いじゃないよ」


「多分相当の人が内心似たような事を考えてるだろうけど言わない この人は言っちゃったけど正直スカッとした」


しかし、一方で批判的な意見も。遠野の本心がどうあれ、とりあえずは「おめでとう」と祝福するべきとのコメントも目立つ。

「さすがに引くわ 色々思うことはあってもそこはおめでとうで良いでしょ 良い大人だよ」


「思っててもわざわざ公共の電波で言うことじゃない」


 

■芸能人の行動に疑問をもった人は…

「正直でいいね」「大人としてどうなの?」と賛否の声が相次ぐ遠野の発言。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名に「芸能人の行動」についてどう思うか調査したところ、約7割が「常識がないと感じたことがある」と回答している。

番組を盛り上げるため、自らのキャラクターを際立たせるためにとった行動が「非常識」と捉えられていることも珍しくないようだ。

過去の恋愛遍歴から、何かと「こじらせ女子」と扱われることも少なくない遠野。彼女のキャラクターを考えれば、ある意味ではベストともいえる発言かもしれない。

・合わせて読みたい→梅宮アンナ、羽賀研二容疑者との恋愛振り返る 「私がどうにか助ける!」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名 (有効回答数)

あなたにオススメ