Koki,9等身ショットの撮影法に疑問の声 「すごいブーツ」「無理がある…」

木村拓哉・工藤静香の次女であるKoki,が、COACHストアでの全身写真を公開。しかし、その撮影方法がまたも物議を醸している…

 

■周囲が世間の期待値を煽っている?

Kokiの生まれ持った優れた容姿はすでに多くの人が認めているところではないだろうか。

今回の写真には、イマドキの16歳の少女はあまり手に取らないような大人びたデザインのブーツも然り、16歳の少女に対して、周囲があまりにもハードルを上げてしまっているのではないか、と危惧するようなコメントが目立っている。

パリで撮影された全身写真では、Kokiがよろけてしまいそうなほど高い厚底ブーツを履いており、「目指すところが高すぎて、コンプレックスを抱えていそう」「愛嬌があってかわいいのに、売り方がおかしすぎる」といった声が寄せられていた。


関連記事:後輩芸人宅をラブホ代わりにする既婚芸人にフジモン激怒 「3000円だけ置いていく」

 

■2人に1人が容姿にコンプレックスを抱えている

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,358名を対象に「自分の容姿にコンプレックスがあるか」調査したところ、「そうだ」と「どちらかといえばそうだ」を合わせた「コンプレックスがある人」の割合は全体で49.7%という結果に。

男女別に見てみみると、男性よりも女性のほうがコンプレックスを抱えている傾向があることが分かる。

現実離れしたスタイリッシュな姿だけでなく、16歳らしいあどけない彼女も、世間は求めているのかもしれない。

・合わせて読みたい→剛力彩芽、意味深投稿で見せた自撮りに心配の声 「顔変わった」「目が…」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1358名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ