高速道路を逆走する高齢者が現れ、ドライバー衝撃 「完全にパニックになってる」

これは怖い…高速道路に逆走するお年寄りが出現

話題社会

2019/02/15 19:40

(maroke/iStock/Thinkstock 画像はイメージです)

神奈川県海老名市から静岡県を経由し愛知県豊田市へ至る高速道路『新東名高速道路』に、お年寄りが運転していたと思われる逆走車が現れ、警察が出動する事態となったようだ。


 

■動画を見たネットユーザーは

実際に現場に居合わせた車の中には動画を撮影した人がおり、Twitterでは多くのドライバーが恐怖を感じたなどのコメントを残している。

コメントにもあるとおり新東名高速道路は逆からの侵入が難しく、うっかりミスレベルでは起きない事態のため、逆走車はパニック状態になっていた可能性が高い。


 

■逆走を見かけたことのある人は

定期的にお年寄りの逆走が問題になっているが、いったいなぜ逆走は起きてしまうのか? 毎日運転をし、逆走車も見かけたことがあるという営業職の男性に話を聞くと、以下のコメントを得ることができた。

「僕が見たかぎりではお年寄りが逆走していることがほとんどです。これは道路の作りが悪いというワケでなく、完全に運転能力の問題だと思います。


今回の動画も見ましたが、警官が停めようとしても無理やり突破して逆走しようとしてますよね。明らかにパニックになってますし…。


運転能力のテストを免許更新時以外にも定期的に行ったり、お年寄りのドライバーがいる家庭では家族が代わりに運転するなどしないと、逆走は減らないでしょうね」


確かに免許の更新時だけのテストだと、最低3年はそのままになってしまう。男性の言うとおり、お年寄りの逆走を減らすにはそれ以外のテストを必須にするしかないのかもしれない。

・合わせて読みたい→自衛官が「あおり運転」で逮捕 高速道路で遭遇した「恐怖の1.4キロ」に震撼

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

あなたにオススメ