千葉市の公園で怪我した猫が相次ぎ見つかる 2匹の体内からは「鉛の弾」

千葉県の公園で、先月から今月にかけて怪我をしている猫が複数見つかった。中には弾丸のようなものが見つかった猫もいると報じられている。

地域

2019/02/15 20:00

公園の猫
(Igor Martsenyuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

千葉県の公園で、先月から今月にかけて怪我をしている猫が複数見つかった。中には弾丸のようなものが見つかった猫もいると報じられている。



 

■体内からは金属製の鉛

千葉県千葉市にある「稲毛海浜公園」で怪我をした猫が相次いで見つかった。警察によると、このうち2匹の猫の体内からは、直径5mmほどの金属製の鉛があり、空気銃の弾丸の可能性があるという。

猫を保護した男性は「血だらけになって震えていたんです」と語り、昨年の暮れころから、不審死や行方不明の猫が多数いる、と話しているようだ。


関連記事:宝くじで1億円を当てた女性 その後の「悲しすぎる結末」に言葉を失う

 

■「生きてる資格なし」「公園に防犯カメラを」

この残虐な虐待事件に、ネット上では怒りの声で溢れている。また、防犯カメラを設置している公園も存在するようだが「公園に防犯カメラを求む」との声も。

「もっと刑を厳しくしてもらいたい。子供や動物のように自分より弱いものにしか攻撃できないような奴は生きてる資格なし」


「公園にも防犯カメラ求む。大人も子供も動物も…命を守るために必要だと思うんだけど」


「猫の口の中に銃弾打ったってこと? 怖かっただろうね…酷すぎ…空気銃の所持も禁止にしてほしいわ」


「血だらけになって震えてた…って…一刻も早く犯人を捕まえてください!」


■全世代の過半数が「厳罰化すべき」

しらべぇ編集部は全国の20代~60代の男女1,537名を対象に「動物虐待の厳罰化」について調査を実施。「厳罰化するべきだと思う」と答えた人は65.1%。

虐待や廃棄で殺す行為が2年以下の懲役である現行法の刑罰は「軽すぎる」との意見が多数。厳罰化を望む人が半数を超えている。さらに年代別に見ると…

全ての世代において半数を超えているが、年代が上がるほど割合が高まっている。高齢になるとペットと長い期間にわたり、同じ月日を過ごしてきた人にとっては、特に許せないのかもしれない。

今回の事件を受け、警察は「動物愛護法違反」にあたる可能性もあるとして、公園の付近のパトロールを強化しているという。新たな被害が出る前に一刻も早く犯人を捕まえてほしいと願う。

・合わせて読みたい→剛力彩芽、意味深投稿で見せた自撮りに心配の声 「顔変わった」「目が…」

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)